『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』・・・THIS IS IT

画像2009年6月25日。
マイケル・ジャクソンの突然の死により、幻となったロンドン公演“THIS IS IT”。
マイケルの死の直前まで行われていたリハーサルを記録した映像を元にしたドキュメンタリー。

見て驚いた。
もっと「記録的」な価値のみの映画かと思っていたら、予想以上にちゃんとした映画だった。
「ちゃんとした」というのも失礼な表現だけど、リハーサル風景を見るだけだと思っていたからね。
予めメイキングを何らかの形で発表するつもりだったのだろう。

それにしても膨大な量のソースがある。
これらを短時間で、まさに短時間で1編の作品として完成させた手腕は凄い。
監督は、今回のステージでクリエイティブ・パートナーを務めていたケニー・オルテガ。ディズニーの『ハイスクール・ミュージカル』を監督としている。

あーあー。
惜しいなー。
ただただ惜しいなー、と思う。
改めて実感する。

ゲネプロまで収まっているくらいだから、本当に直前だったのだ。
何曲か、映像とシンクロしている演出がある。
ハンフリー・ボガートの『三つ数えろ』(かな?)と合成で共演したり、3Dの「スリラー」
これだけでも、普通の映画より時間も手間もかかっていそう。
何よりアイディアだ。
優れたクリエイターたちと楽しそうに仕事をするマイケル。
彼に憧れダンサーになったバックダンサーたち、コーラスの歌手たちを優しく指導するマイケル。
礼儀正しく、謙虚で、それでいてとことん追求する厳しいマイケル。
真摯にとりくむマイケル。

キングではあるが、彼を取り囲む人たちはすべて一流のアーティストとパフォーマー。そこには互いにリスペクトがある。

このステージが完成していれば、どれだけのものになっただろう。
生で見ることも不可能だったかもしれないけれど、それでも完成していれば、それはそれで一つの大きな伝説になっただろうステージだ。
死して、未完成故の「伝説」ではない、本当の伝説。
まさにTHIS IS IT

これがすべて。
これでおしまい。

・・・THIS IS IT

-----------------
監督:ケニー・オルテガ
出演:マイケル・ジャクソン
ユナイテッドシネマとしまえん

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

山下
2009年11月02日 06:03
怒っているんじゃないんだ。エル オー ブイ イー さ。

全国で3ヵ所だけのIMAXの109川崎で見ました。
ここ10年ぐらいは「殿御乱心!」的なゴシップばかりだった気がするマイケルが、あまりに"まとも"だったので驚きました。
IMAXで鑑賞できる映像が記録されていたということは、コンサートを収録した映像媒体の製作が予定されていて、それの特典画像的なものだったのだろうか?単なる記録用にしては、映像も音も上質すぎる。
ジャクソン5コーナーでは、兄弟、母親に加えて、確執のある父親にも感謝の言葉を言っていたようですね。
幼少時の虐待とも捕らえかねないレッスンに端を発して、父親との関係は終生悪かったようですが、今の完璧なマイケルがあるのは、この父親があってこそで、なんとも複雑ですね。

映画終了時、観客から拍手が巻き起こり、泣いてる人も見かけた。
"真夏の夜の夢"は、夢のまま終わってしまった。
@afota
2009年11月02日 09:51
shinobuさんの友人です。私もTHIS IS ITを見て感慨にふけっています。人間50になると越し方行く末いろいろ考えるけど、彼がこのワールドツアーで恩讐を越えてありのままのピュアな自分を出したかったのだと思いました。DVDが出たらきっと買うと思います。
山下
2009年11月03日 22:32
サンキュージャパン!

蛇足です。マイケルがポップス界の"ピン"なら、"キリ"の人達のメタル人情喜劇ドキュメンタリー「アンヴィル!」も面白いですぜ。
日本の皆さんのおかげで、ほのぼのした結末になってよかったなぁ。

この記事へのトラックバック