『ツレがうつになりまして。』

画像重いテーマだが、予告を見る限り、明るく(というのは語弊があるかもしれないが)前向きに描かれているように思えたので、是非とも見たいと思ったのだ。
細川貂々のベストセラーコミックエッセイを、『半落ち』の佐々部清が映画化。

夫がうつ病になったことをきっかけに、共に成長していく夫婦の物語。
重くシリアスな題材でありながらも、ユーモラスに描かれた部分もあり、ハートウオーミングな感動を与えてくれる。
互いを思いやろうとする主人公夫婦に宮﨑あおいと堺雅人。
大河ドラマ「篤姫」を思い浮かべる人も多いことだろう。
見事にマッチしているキャスティングだ。

実は周りに何人かうつ病になった友人知人がいる。
中には不幸にして命を絶った人もいるし、会社を3か月休んで元気になった友人もいる。
うちの夫もあぶない時期があった。
ある程度の年を重ねた人ならば周囲に思い当たる人がいる病なのだ。
(映画の中では「心の風邪」と呼んでいる)
それだからこそ理解する為の啓蒙ととらえてもいい。
啓蒙の為の映画は好きではないが、そうとらえることも出来るという意味だ。
この中のツレは生真面目で仕事熱心なサラリーマン。
必ずしも同じような人がかかる訳でもなく、同じような対処療法で治るものでもない。

だから啓蒙が主ではなく、病気をきっかけにした夫婦の絆の物語なのだ。
目を背けず、夫を見守り、支える妻の強さ。
ふと(私に出来るか)と考える。
ふと(私は罹るか)と不安にもなる。
でもそれでいいのだ。
この逞しくも優しい妻を思い、病気と闘ったツレを思い出せばいいのだ。


--------------
監督:佐々部清
出演:宮崎あおい(高崎晴子(ハルさん))
堺雅人(高崎幹男(ツレ))
吹越満、津田寛治、犬塚弘、梅沢富美男、田山涼成、山本浩司、中野裕太、田村三郎、大杉漣、余貴美子
ユナイテッドシネマとしまえん

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック