『SPACE BATTLESHIP ヤマト』

画像SBヤマト(あるいはキムタクヤマト)の発表があった時、正直嬉しくなかった。
戸惑いも大きかった。
ビジュアルが露出してくるようになるとどうしても「スマスマのコントか」と脳内で勝手に変換してしまう。
なによりもアニメのヤマトに馴染んだ世代、というよりはラストの映画によって「ヤマトに裏切られた世代」といってもいいかもしれない、ヤマトへの失望感が大きいのだ。
それでも怖い物見たさ、というか、、、結局これも劇場に足を運んでしまう性ってヤツか。
だから予断なく一本の映画として素直に見られた訳ではない。

「国民的アニメの金字塔「宇宙戦艦ヤマト」を豪華スタッフ・キャストで実写映画化したSFアドベンチャー」

結論からいうと、見始めたら心に貯まっていた澱のようなものは溶けていた。
比較的好感を持って受け入れることが出来た。
「許す」というと全く上から目線の何様的な発言になってしまうけれど、ひとりの元ファンとしてはそういうことだ。
ひとえに山崎監督の真摯な作品作りにある。
「ヤマト」というひとつのお題を与えられ、どう作っていくか。
どう見せるか。
マニアに向けたものでもない(台詞などオマージュの嵐だったが、媚びてはいない)、斜めに構えて全く別物にした訳でもない。
ひとことで言うなら「真面目に取り組んだ」姿が見えたからだ。
どうしたらコントにならず原作へのリスペクトが出来るかだ。

それがSFとしてどうか、とか、そんなあら探しをするつもりは毛頭ない。
ビジュアル的には今の技術を持ってすればこんなものだろうと思う。
キムタクが古代、ということでオリジナルと比べて年が行ってるのでは、という懸念は、設定の変更でリアリティを持たせている。
森雪は原作よりはずっとかっこよくなってる(黒木メイサだからかもしれないが)。ある時をきっかけにツンからデレになってしまったのはご愛敬。
(でもなー、あれ必要だったか?ラストに向けてとってつけたような、、、)
柳葉の真田など役になりきっていてむしろ笑えてしまったが、姿勢としては正しい(笑)
(森雪が当初の沢尻エリカだったら見にいかなかった)

まあ、あれこれいろいろあるし、おそらく映画を見た人どうしで語れば幾らでもつっこめるネタバレ話。
むしろ「つっこむ気にもなれない」可能性もあったのだから、よしとする。

満足でも不満足でもなく、可もなく不可もなく、「よくがんばりました」ということか。

それにしても恐ろしいのは音楽の力。
音楽は佐藤直紀だが、殆どオリジナルの宮川泰のメロディーだ。
このメロディーを耳にしたとたんすべてオッケーにしてしまう力。
涙ぐんだのはお話しではなく、音楽に対してだ。

(位下ネタバレなので大きな画像を貼っておく)
画像11月末に台湾に行ったら繁華街に大きなヤマトの看板が。至る所で大きなものを目にしたので扱いはかなり大きい。
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.

.
.
.
.
.
.
一応オリジナル1作目のTVシリーズに、ラストだけ「永久に」
この「永久に」でヤマト嫌いが始まったといえるのだけど、なぜこのラストにしたのかなあ。
コレで完結、という意思表示なのかもしれないけれど、自己犠牲の美化はたまらなく嫌いだ。

---------------
監督:山崎貴
出演:木村拓哉 古代進
黒木メイサ 森雪
柳葉敏郎 真田志郎
緒形直人 島大介
西田敏行 徳川彦左衛門
高島礼子 佐渡先生
堤真一 古代守
橋爪功 藤堂平九郎
池内博之 斉藤始
マイコ 相原
矢柴俊博 南部康雄
波岡一喜 加藤
三浦貴大 古屋
斎藤工 山本
山崎努 沖田十三
ユナイテッドシネマとしまえん

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

HOR
2010年12月06日 02:31
死ね
K.YANAGI
2010年12月12日 07:17
はじめまして小熊様。

小熊様と同様ヤマトに関しては様々な愛憎を持っている世代ですが、テレビ版第一作目への思いだけを握りしめ劇場へ向かいました。

観終えた感想を一言で言えば『旧作愛に溢れた見事な実写化』でした。

結局話は今までにもあった死の行軍でしたが、素直に観ていて目頭が熱くなる事もしばしば。(スタッフの意気を感じたのかもしれません)

ガミラスが単純なヒューマノイド型でない事も今風でかえって得体の知れない不気味さがあり楽しめました。
第三艦橋は相変わらず危険。
(以下続く↓)
K.YANAGI
2010年12月12日 07:21
アナライザーには思わず歓声。

欲を言えば隠れ真田ファンとしては某ミサイル?の時などに活躍してほしかったです。

異星のテクノロジーを一見しただけで看破したり、
「こういう事もあろうかと私そっくりのアンドロイドに逝ってもらった」などと最後の最後に艦内の何処からか現れ波動砲をすでに直してたりしてほしかった。(映像特典にならないかな)

自分的にはブルーレイを買ってもいい程に満足しました。


dasoku:寒さの厳しい時期になりましたが小熊様もお風邪などをおひきにならないようにご自愛ください。

この記事へのトラックバック

  • 『SPACE BATTLESHIP ヤマト』を惑わせる3つの「原作」

    Excerpt:  【ネタバレ注意】  その惹句を目にしたとき、作り手の並々ならぬ想いを感じた。  それは、どこまでをヤマトと考えるのか、という大問題だ。  「必ず、生きて還る。」  それが、『SP.. Weblog: 映画のブログ racked: 2010-12-16 03:26
  • 「SPACE BATTLESHIP ヤマト 」ヤマト発進!

    Excerpt: 「SPACE BATTLESHIP ヤマト 」★★★☆ 木村拓哉、黒木メイサ、柳葉敏郎、緒形直人、池内博之、マイコ、 堤真一、高島礼子、橋爪功、西田敏行、山崎努 出演 山崎貴 監督、129分、2010.. Weblog: soramove racked: 2010-12-24 07:37